YOUBLOG

子育てと教育✖︎男子高校生弁当✖︎女性とライフスタイル✖︎保育士

子連れで川遊びを楽しむために気をつける3つのポイント!

スポンサーリンク

毎年夏になると海や川での事故が絶えません。

そんなニュースを見るたびに胸がいたくなります。

ぐうたら母ちゃんは、2人の子どもにはサバイバーになって欲しいと常に願っています。

とにかく色んな意味で生き残れ!と。

そのためにも、野外活動は必須です。

シングルマザーのため男手がありませんが、「母1人子2人」でのキャンプや川遊びなどのアウトドアに積極的に取り組んできました。

特に川遊びの良いところは、ただ泳ぐことが出来るだけではなく、川にいる生き物たちとの触れ合いが子どもにとっては新鮮で、新しい発見の連続です。

今日は、川での遊びについて、私が子連れで意識してきたことをお伝えできればいいなと思います。

 

大切な我が子を守るために私が気をつけている3つのこと

  1. 川選び
  2. 服装
  3. 遊ばせる場所

川選びについて

結論から言うと、川を遊び場として人工的に整備しているところです。

f:id:YOUBLOG:20190816224244j:plain

写真のように穏やかに見えても、川の流れというのは突然変わります。

それは、自分たちが今いる場所では天気が良くても、上流で雨が降ったりなどした場合、突然水かさが増えたり、鉄砲水がきたりするのです。

なので、ぐうたら母ちゃんが一番安全だと思い子どもを安心して遊ばせることが出来るのは、川を遊び場として人工的に整備しているところです。

整備といっても川の全てに手が加えられているという意味ではなく、下流へ流されないようにせき止めるなどしてある場所が良いです。

それじゃあプールと変わらないのでは?

と思うかもしれませんが、それぐらい川というところは危険と隣り合わせの場所なのです。

特に川底は石がゴロゴロしていて滑りやすく、そして浅いところ、深いところの区別が素人には判断が難しいです。

子どもが小さいとすぐに足をすくわれて流されてしまいます。

そして、雨の降った翌日は川には近づきません。

これは絶対です!

普段から行き慣れている川でも絶対に近づきません。

見た目以上に川の流れが速くなっていますし、水かさも増えているため危険です。

これは、山育ちの母からしつこいほど言われてきました。

川遊びに最適な場所探しはこちらを参照ください

www.kawa-asobi.net

服装について

  • 水着
  • 子どもの体に合ったライフジャケット
  • ウォーターシューズ

この3点セットは必須です。

子どもの体に合っていないブカブカのライフジャケットを着用しているお子さんをよく見かけますが、ライフジャケットは、必ず子どもの体に合ったものを使用しなければいざというときに役に立ちません。

そうなると着用している意味がなくなってしまいます。

そして、川底が滑りやすいので、ウォーターシューズは必ず履かせています。

うちの子どもたちは、履かせていてもよく足を滑らせていましたが、履いていないと滑ってすぐにバランスを崩し立っていられなかったと思います。

そうなると、川遊びどころではなくなってしまいますね。

それに、小さな石が沢山あり流木もありますのでケガの防止にもなりますね。

遊ばせる場所について

これは意外とみなさん意識されていない方が多いように感じます。

川選びと服装についてはよく言われていますが、ぐうたら母ちゃんが意識している最後のポイントは、川での子どもを遊ばせる位置と親の立ち位置です。

子どもが常に上流側にいるように、自分の立ち位置を変えています。

そして子どもたちには、必ずぐうたら母ちゃんがいる場所よりこっち(上流側)で遊んでね!と伝えます。

万が一流されたときには、すぐに自分の身でせき止められるようにしていました。

道路を歩くときに、大人が車道側を歩くのと一緒ですね。

川遊びにあると便利・より楽しめるグッズ

 

  • 虫よけスプレー(ブヨ対策に必要)
  • 消毒液(石などでケガをした時用に)
  • 絆創膏(防水用)
  • 携帯トイレ(トイレが近くにあれば良いですが)
  • 水(飲んでもよし、手洗いやケガしたときに洗い流すため)
  • バスタオル(体を拭くようではなく多めに持っていると、体が冷えた時に肩からかけたりする用に。特に小さな子どもは体がすぐに冷えるため低体温症の予防にも使えるので便利です)
  • レジャーシート(休憩するときに)
  • 虫取り網(魚取り用の網も良いですが小さな子どもには重くて扱いにくいです)
  • 観察ケースまたはバケツ(観察ケースの方が透明で中がしっかり見えるのでおすすめ)
  • ゴーグル(シュノーケル用マスクが視野が広く川の中を見渡せるのでおすすめ)
  • 水泳帽子(日差し除けにもなり、ゴーグルをするときに髪の毛が絡まらないため)

 

川遊びを思う存分に楽しむために!

せっかく日常から少し離れた自然体験が出来る場所なので大人も子どもも楽しみたいですよね。

特に子どもにとって川は冒険の場所です。

うちの長男は、顔つけくらいしかまだ出来なかった4歳の時に、片手に網をもって急に素潜りをしたのが川でした。

目撃したぐうたら母ちゃんは、えっ!潜ってる!!!とビックリ仰天した思い出が。

川は子どもの成長にもかかせないスポットですね。

安全に思う存分に楽しめますように。水分補給も忘れずに!

 

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村